Top >  ダイエットとは >  赤筋がダイエット成功のカギ

赤筋がダイエット成功のカギ

人間の筋肉は、赤筋と白筋の二種類に分かれます。
赤筋は、白筋よりも加齢に伴う衰え方が遅いともいわれています。
細胞レベルでみると、運動時に筋肉の中で消費する糖質やグリコーゲン、脂肪というのは、ミトコンドリアという血液の中にある細胞組織の中で燃焼していきますので、ミトコンドリアの量を増やすことで自然と脂肪を燃焼する場所も増えるというわけですね。
このミトコンドリアというのは赤筋に多く含まれており、ミトコンドリアを増やすには有酸素運動が必要になりますね。
たとえば、水泳やウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動はミトコンドリアを有効的に増やし、脂肪の燃焼に役立ちます。
赤筋は白筋より毛細血管が多く、体積も大きいので、有酸素運動をして積極的に赤筋を増やせば、基礎代謝が活発になるということです。
要するに、赤筋がダイエット成功のカギを握っているのです。

 <  前の記事 ダイエットに影響する二種類の筋肉  |  トップページ  |  次の記事 肥満のメカニズム  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6974

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自分にあうダイエットをみつけよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。