Top >  ダイエット関連 >  中年太りのメカニズム

中年太りのメカニズム

私達は年齢とともに体力が衰えて、あらゆる機能も衰えていきますが、身体の歪みを矯正することである程度、老化を食い止めることができるのです。
たとえば、年とともに筋肉が弱くなり、いわゆるお腹の出っ張った中年太りになったりしますね。
中年太りというのは、年をとれば誰もがなるなる可能性のあるものですが、それでも筋力の低下を食い止めることで老化を緩めて、中年太りもある程度は食い止められるのです。
中年太りは筋肉が減り、筋力が低下して、基礎代謝量が低下したことで生じる現象ですので、同じように生活を送っててもいつの間にか中年太りになっていたりするのです。
よく「脂肪はガソリンで筋肉はエンジン」という言い方をしますが、体脂肪というのは筋肉の中で燃焼するのです。
そのため、筋肉をしっかり鍛え、多くの筋肉をもつことで脂肪も燃焼させやすいのですね。
しかしながら、年齢を重ねることで筋肉というのは減少していくものです。
ですから、中年になっても何もしなければ、中年太りが避けられないのです。

 <  前の記事 正しい姿勢を保ちましょう  |  トップページ  |  次の記事 中年太りを防ぐ方法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6949

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自分にあうダイエットをみつけよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。