Top >  ダイエット関連 >  脂肪細胞には個人差があります

脂肪細胞には個人差があります

脂肪の細胞には、個人差があるといわれています。
私達がイメージする脂肪といえば、白くてぶよぶよしたものですが、実は脂肪には茶褐色の褐色脂肪細胞と、白っぽい白色脂肪細胞の2種類あります。
白色脂肪細胞は、摂取したものの中から余分なエネルギーを中性脂肪として体内に蓄積する働きをするのです。
つまりは、多く食べ過ぎて余分に摂取した脂肪が白色脂肪細胞になるのです。
そして、褐色脂肪細胞とは首の後ろやわきの下などにある脂肪のことを指し、この褐色脂肪細胞は過剰なエネルギーを熱に変えて体外に出す働きをする脂肪ですので、白色脂肪細胞とはかなり違った作用がありますね。
食べても太らない人というのは、褐色脂肪細胞の働きが活発な人で、食べてもすぐにエネルギーを体外に出せる人なのです。
一方、少し食べただけでも太ってしまう人は、やはりこの褐色脂肪細胞の働きが低下している人だといわれています。

 <  前の記事 摂取カロリーと消費カロリーのバランス  |  トップページ  |  次の記事 脂肪細胞の役割  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6952

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自分にあうダイエットをみつけよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。