Top >  ダイエット関連 >  日焼けの原因

日焼けの原因

ひとむかし前までは、太陽の下で日光浴をすることはよいことだといわれて、真夏の海は日光浴をする人でいっぱいでしたが、いまではUV=悪い光線というイメージが植えつけられて、多くの人は日光浴を恐れるようになり、紫外線は悪いものだと思うようになっていますが、実は紫外線は身体によいものであり、ただし、強すぎたり、多すぎたりすると身体に悪い影響を与えるというだけのことです。
例えば、紫外線は骨を作るビタミンDの生合成などをしますので、私達にとっては不可欠な光線です。
しかし、長時間、無防備に肌を露出して強い紫外線を受けたりすると悪影響が出てくるのです。
誰もが一回は日光浴で肌が赤く焼けて痛くなったりした経験はあるかと思いますが、このように肌を赤くしたりする日焼けの原因は紫外線のUVBというものです。
紫外線のUVBというのはエネルギーが強くて、これを受けると肌の表面の細胞に炎症が起きたり、日焼けのもとになったりするのですね。

 <  前の記事 骨盤矯正のストレッチ  |  トップページ  |  次の記事 紫外線対策  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6969

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自分にあうダイエットをみつけよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。