Top >  ダイエット関連 >  肥満のメカニズム

肥満のメカニズム

人によっては、食べても太らない人と、少ししか食べないのになぜかすぐに太ってしまう人がいますね。
これを体質の違いという人もいますが、実はこれは、私達の摂取カロリーと消費カロリーのバランスによって生じる差がほとんどです。
これは何かといいますと、摂取カロリーというのは食事から摂取するカロリーの量を指し、消費カロリーというのは食べてから消費されるカロリーのことを指します。
この摂取カロリーが消費カロリーよりも多かったら、もちろん太りますし、脂肪も増えていきますね。
逆に消費カロリーが摂取カロリーを上回ると、痩せることになります。
このメカニズムさえわかれば、注意して消費カロリーを増やして、摂取カロリーを減らせばダイエットに成功することでしょう。
健康的な食べ方については、栄養のバランスがとれていることと、毎日の活動にちょうど見合うだけのカロリーを摂ることが基本です。
摂取する栄養のバランスの崩れやカロリーの取りすぎは健康を害したり、肥満を引き起こしたりするということです。

 <  前の記事 赤筋がダイエット成功のカギ  |  トップページ  |  次の記事 ヘルシーなダイエット  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6975

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自分にあうダイエットをみつけよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。