Top >  ダイエット関連 >  無意識の怖さ

無意識の怖さ

私達は普段の生活の中で多くのことがすでに習慣化してしまって、無意識のうちに行っていますね。
一説によると、日常生活の行動のうちの80%は、無意識で行われているのだといわれています。
たとえば、お風呂を入るときに身体を洗う順番や、食事をしたら歯を磨くとか、そういったことはほとんど意識せずに行動に移りますね。
そして、その無意識のうちの行動は食事にも影響したりしますね。
たとえば、喫茶店に入ったときに飲み物といっしょに甘い食べ物も頼んだりする人が多いかと思いますが、無意識のうちにケーキなどの甘い物を食べることで太りやすくなるのです。
そして、喫茶店といえばセットということが脳は覚えるのです。
そうしますと、次に喫茶店に行ったときにまた飲み物と甘い食べ物のセットを頼んでしまうのです。
喫茶店に限らず、家にいてもお菓子類などを無意識のうちに口を運ぶ人も要注意ですよ。

 <  前の記事 ダイエットを楽しみましょう  |  トップページ  |  次の記事 成功するダイエット  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6981

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自分にあうダイエットをみつけよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。